スポットライト

映画「スポットライト」は、じっさいに起きた事件をもとに、じっさいにやったジャーナリストたちの事を描いたものです。
この映画の好きなのは、音楽。。

実になごやかで、あれを聞いてるだけで眠くなる(こら)。
映画の内容はもう熟知してるんですけど、あの音楽を聴くためだけに映画を見る事があります。

もうね、セリフが全部言えるくらい見ています。
音楽も、だから「ここでこれが流れる」がわかってる。
でもまったく飽きない。

弁護士役としてスタンリー・トウッチがでててね、いいのだよー、これが。

この映画はじっさいにあった話で、
新聞社が第s田記事の寄って世界中のカソリックの神父たちが幼児虐待をしてた事が明るみに出ました。

何十年って続いてきた虐待で、今もなお、あると言われています。

神父ってどうして子供を狙うんでしょうねー。
映画では、「ひとりやふたりではなく、システムを暴こう」ってことになっていくのですが、
記者たちも驚くくらいな人数と犯罪の数でした。

知ってる人は知ってますね?

スポットライトはいまもあるそうです、ボストンのグローブ社です。
あの記者たちに会って見たくないですか?
私はあってみたいなー。


このブログ記事について

このページは、やわらが2020年5月 1日 22:46に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ケリーさん」です。

次のブログ記事は「踏ん張りの時」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。