キレる

いまさに多い「キレる」人。
栄養の偏りだって言う人もいるし、ストレス社会だからって言う人もいる。
親が甘やかすから、とか言う人も。
それぞれの理由で「キレ」るんだろうけど、そうなると人に危害を加えるから怖いよね。
出来れば皆静かに、尾高屋に生きていきたいものです。
自分がそうでも、だれかが「キレ」るとダメなんだけど。

カルシウムが足りないんだ、ってね、昔はよくいったものです。
でも今はなんかそんなことじゃなくて、まったく次元の違うところでこういう人間ができていくようです。

若者に多いイメージがありますが、そうでもないらしいし。
自分は、いくつになっても「キレ」ないで穏やかに過ごしたい。

そのためにもストレス貯めず、カルシウムとって(!)、元気に、明るく過ごします。
そのためには、、、どうしたらいいか、ですけどね。

不通に生きていたらいいのではないかと思う。
実はこれが一番難しいんですけどね。

「キレ」たことはあまりないので大丈夫でしょう。

自分ではそう思ってるだけだったりして(!)。
いや、mそんなことない、「キレ」ませんよ、私は(笑)、、、自信ないけど(おい!)。

このブログ記事について

このページは、やわらが2020年3月 1日 01:46に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「涙した皇后さま」です。

次のブログ記事は「ケリーさん」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。