ポール・ニューマン

映画を見てたら、晩年のポール・ニューマンが出てまして。
しぶかったーー!
若い時から恰好いいけど、都市とるとこうなるのか、ってくらい、いい意味で渋くて格好良かった。
もうポールは亡くなっています。
癌だったようです、家族に看取られて亡くなりました。
その時の奥さんは50年連れ添った女優さんですが、実はこの二人があった時は
ポールは結婚してたんですよね。
でも当時の奥さんが離婚におうじてくれて晴れて結婚できたのだとか。
、、、なにかで読みました。

お子さんは5~6人いるようです。

私が見た映画は「ロード・糖・パーディション」です。
2002年の映画であのしぶさ、、、でも「年とったなぁ」っていうのは否めなかった。

あれからさらに映画に出てて、そしてなくなった。。

実は、知り合いに同じ名前の人がいます。
彼いわく「けっこうどこにでもある名前さ」ですが、この名前にしてもらって親に感謝しろよ、って言いたい。
間違いなくめだつ。
ただし、名まえ負けしちゃうと悲しいけどね。

ポール、はたくさんいるけど、ポール・ニューマンになると、それに見合った人生してないと恥ずかしいかもですね笑

このブログ記事について

このページは、やわらが2018年7月 1日 23:14に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「鼻の横のあたり」です。

次のブログ記事は「茹で卵」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。