なんでも自分の手柄

部下のものでも、上司のものでも(!)友達のものでも、
なんでも自分の手柄にしてしまう人、、、いるでしょ?

人のアイデアを盗むのも同じことですね。
会社のなかでは、こういうのは誰かが見ててくれたりもしますが、
外の世界では、盗まれたほうは泣き寝入り(?)。
くやしいですねー。

人がやっていることを真似する人も、同罪だと思います。
やめましょう!!

自己愛が強い人がこれをするんですって。
なぜそんなずるいことが平気できるのか、みっともないと思わないのか、
疑問に思う人も多いでしょうが、
そこには非常に都合のいい利己的帰属という心理メカニズムが隠れています。
 
利己的帰属とは、うまくいったときは自分の関与を過大視して、
失敗したときは自分の関与(責任)を過小視する心理傾向を指します。
これは誰もが備えているもので、自分が一番かわいい、
だから物事を無意識のうちに自分に都合よく歪めて解釈してしまうんです。。。

こまったものですが、無視するしかないかなー。

無視だね、無視!

このブログ記事について

このページは、やわらが2018年3月 1日 16:52に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「朝の冷えた感じ」です。

次のブログ記事は「足がくさい??」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。