化粧品

化粧品の定義ってちょっとよく分からないけど、添加物のかたまりって思ってる。
自分で作れるものばかりです。

それに、顔につけるもの、身体につけるもの、手、足、って別れてますけど、どれも成分はにたようなもの。
全部1つでいいような気がします。
たまには高級な感じを味わってもみたい時はあるけど、普段はなんでもいいですね。
それでも綺麗な肌を保てて(?)いるからよしとします。
健康が一番です。

足につけたそのまま顔に塗ったりは何となくいやだけどね。。

そんななか、化粧品をいただきました。
少し匂いがきついので、どうしようかなってところ。
いい成分は入ってる感じですが、あの匂いはいかがなものか。

かえって身体に悪い気がするのは私だけ?
でも、香りがいいからって買う人もいますしね、うーん。

化粧品の役割を根本から考えたら、きっとシンプルなものになっていくんだろうなって思います。
足すよりマイナスすると、お肌って綺麗になっていくものだしね。
皆さんそれぞれの考え、やり方でいいと思う。

ただ、もらったあの化粧品、、、どうしようって今悩んでいます。

このブログ記事について

このページは、やわらが2017年3月 1日 06:52に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「高学歴」です。

次のブログ記事は「アスペな人」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。