女性医師が転職し無理なく働くためにはバイトしかない?

医師といえば、殆どが、男性のイメージが強いのですが、医師の中にも当然、女性医師が存在し、女性医師における人口も年々その数を増やしています。 そんな女性医師が転職し無理なく働くためには、やはり女性の働きやすい環境が整う、という面を重視して、転職を果たされる事が重要です。

そもそも女性医師も結婚し、出産を果たすことにより、第一に考えるべき事は、家庭となりますから、転職を果たし無理なく働くためには、その融通がきく場所 への転職が理想的といえます。 最近は、医師不足の問題解決のために医学生の採用枠を広げる事も行われておりますが、何より女性医師の離職を解決する方が重要ということで、女性医師を支 援する制度が、いくつも設けられていますから、そうした体制が整った医療機関を選択し、転職を果たすことにより、無理なく働くことも可能ではないかと思わ れます。

つまりは、無理なく女性医師が医療に専念するためには、無理なく働ける体制を整える医療機関を選ぶ事が何より重要であり、医業は重要なものでありながら、 当然家庭を第一に、考えるべく、仕事を選ぶ場合は、ご自身のライフスタイルを仕事に合わせるような転職をするのではなく、ライフスタイルにあった就業場所 を選ぶというように、就業場所選びは、生活をまず考えて、検討していくという事が理想です。 無理なく働ける場を選んでこそ、長期的な勤務が可能となり、ブランクを開けずに働ける事となりますから、転職し無理なく働くためには、ご自身のライフスタ イルにあった場所を検討される事が一番なのです。

そうした無理なく働ける場所への転職を果たすには、転職活動を行う上でも条件交渉等の際に、きちんとその希望、条件を相手へ伝える事が必要ですし、面接の 際にも、無理に合わせた回答をせず、雇用条件の提示はきちんと内容を確認し、できる事と、できない事と明確に伝えていく事が重要です。

この要に、無理なく働ける場を求め、転職を果たされた女性医師の実例としては、できない事は、できないときちんと伝えながらも、他に出来ることを付け加 え、フォローの面を加えながら、面談交渉したと言いますから、採用のために無理な事をできると言ってしまい、後々困ったとなる前に、転職活動を行う場合 は、条件その他の交渉時に、はっきりと『できる事』『出来ない事』を伝えるべきという事なのです。

又、ご自身での交渉に自信がないという場合は、やはり医師専門の転職エージェントによる転職を果たされる事により、無理なく医師職&家庭が両立できることになると思います。一昔前は女性医師はバイトしかない!?という話もありましたが時代は変わりましたねー。医師バイトについてまとめたサイトなんかも見てみるといいかもですね。

このブログ記事について

このページは、やわらが2013年2月28日 15:12に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「自分にとって最高の職場」です。

次のブログ記事は「今日に満足してまた明日...」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。